<var id="txlj7"><strike id="txlj7"><thead id="txlj7"></thead></strike></var>
<cite id="txlj7"></cite>
<var id="txlj7"></var><var id="txlj7"><dl id="txlj7"><listing id="txlj7"></listing></dl></var>
<cite id="txlj7"></cite>
<var id="txlj7"></var>
<ins id="txlj7"><span id="txlj7"><menuitem id="txlj7"></menuitem></span></ins>
<var id="txlj7"><span id="txlj7"><menuitem id="txlj7"></menuitem></span></var>
<var id="txlj7"></var>

富士化學産業株式會社

お問い合わせ?カタログダウンロード

00 VISION ニッチを武器に、ミライを自ら切り拓く。

最前線で得たマーケットのニーズをいち早く形に。
攻めの研究開発で次代を創造する。
當社が販売している製品の周辺は、新たな化學品のニーズであふれています。電子制御基板はあらゆる産業の心臓部となっていますが、そのハード部分は電気的導體部分の銅やハンダや端子などの金屬部分を除けば、化學品の塊りといって良く、最もデジタル化の進んだ電子業界にあって、化學品のデジタル化は非常に難しいと言われています。
當社は昭和30年代の創業以來、電気業界での長年にわたる経験やノウハウを積んでまいりましたが、當社がこだわる評価技術などを基に化學品に関する豊富なデータの蓄積を行っており、今後もそれら豊富なデータをベースにニッチかつ信頼性にこだわった製品開発を積極的に推進していきたいと考えています。
また、當社は工場をもたないファブレス経営を特徴としています。生産設備や生産人員などの負荷が少なく技術動向の変化に対して身軽に対応することができると同時に、未來への投資となる製品開発やグローバルな生産?販売網の構築に注力することができます。
ダイナミックかつ自由な発想力を武器に、國內外のニーズをキャッチした獨自性の高い製品開発を今後より一層加速させてまいります。

研究開発の成果をいち早く実用化へ

研究開発の成果をいち早く実用化へ

「富士の赤い接著剤」との愛稱で呼ばれる“Seal-glo”。
創業の原點へのこだわりが、グローバル展開への架け橋に。
電子制御プリント基板の役割はあらゆる産業分野でますます重要な位置を占めています。プリント基板の製造に欠かせない気密シールのための防濕絶縁コーティング剤の役割はますます重要になると考え、今後、“Seal-glo”を『防濕絶縁コーティング剤のブランドイメージに切り替える』をキャッチフレーズに、防濕絶縁コーティング剤の開発と拡販に全力を投入して取り組んでいきます。早くから獨自のネットワークを構築してきた中國や臺灣などを中心としたアジア、そしてヨーロッパ?アメリカまで、創業以來こだわり抜いてきたSeal-glo”のブランドを、世界で活躍するブランドに育てていきたいと考えています。

Seal-glo

材料開発から、生産方式の提案まで
電子機器生産のあらゆる場面で活躍。
當社の業界における役割は、電子機器に使われる“Seal-glo”等の材料系の開発提案に始まり、キャリアテープ実裝、トレー方式に続く第3の方式であるマガジンスティック実裝による効率的な生産方式の提案や、キャリアテープスプライシング用の“Joint Tape”等のソリューションビジネスまで、材料系に留まらず広く電子機器の生産方式にまで目を向けたビジネス提案ができる會社を特徴としています。
社訓は『至誠通天』。まさに、人こそが財産。
現場視點で柔軟かつ盤石な経営體制を目指したい。
初代社長から受け継がれる當社のDNAは、社訓である『至誠通天』にある通り、誠実であることです。この考えは社內人事制度や海外展開においても柱になっています。特に海外では古くからの知り合いである臺灣?中國人人脈が基盤となり、新たな中國企業や日系企業とのグローバルかつ強固なネットワークの拡張につながっており、まさに人が起點となる好循環を生み出しています。
創業以來の社訓を胸に、お客様はもちろん、取引先様、社員、すべてのステークホルダーとの関わりにおいて、人こそが財産との柱を決してぶらすことなく、今後も誠実をモットーに事業を展開していきたいと考えています。

社訓は『至誠通天』

PAGE TOP

在夫面前人妻被欺完整版,免费A级毛片在线播放,日本一卡二卡三卡四卡网,chinesemature老熟妇高潮
<var id="txlj7"><strike id="txlj7"><thead id="txlj7"></thead></strike></var>
<cite id="txlj7"></cite>
<var id="txlj7"></var><var id="txlj7"><dl id="txlj7"><listing id="txlj7"></listing></dl></var>
<cite id="txlj7"></cite>
<var id="txlj7"></var>
<ins id="txlj7"><span id="txlj7"><menuitem id="txlj7"></menuitem></span></ins>
<var id="txlj7"><span id="txlj7"><menuitem id="txlj7"></menuitem></span></var>
<var id="txlj7"></var>