<var id="txlj7"><strike id="txlj7"><thead id="txlj7"></thead></strike></var>
<cite id="txlj7"></cite>
<var id="txlj7"></var><var id="txlj7"><dl id="txlj7"><listing id="txlj7"></listing></dl></var>
<cite id="txlj7"></cite>
<var id="txlj7"></var>
<ins id="txlj7"><span id="txlj7"><menuitem id="txlj7"></menuitem></span></ins>
<var id="txlj7"><span id="txlj7"><menuitem id="txlj7"></menuitem></span></var>
<var id="txlj7"></var>

富士化學産業株式會社

お問い合わせ?カタログダウンロード

02 営業部 樹脂グループ Magazine stick 柔軟な発想、多角的な視點で、課題をイノベーションに転換。

高品質の鍵は、設計?課題解決力。納入後の生産効率UPに大きく貢獻。

従來、マガジンスティックは部品等の輸送用途の製品でしたが、當社は自動化の流れに、いち早く工場の工程內の治具として組み入れることに著目したことにより、輸送時の梱包材、工場內でのストック用途のみならず、生産ラインへもそのまま組み込みが可能な製品としてご提案しています。それらの提案は、組み立て用治具としての活用に拡がり今までの生産方式のイメージを塗り替える新たな生産方式につながっています。當社のマガジンスティックを採用いただいたことで、「生産ラインのロスが大幅に減り、殘業がゼロになった」など、よろこびのメッセージをいただくことがあります。

高品質で高精細な商品のご提供ができる理由は、當社が最もこだわっているのは設計にあります。この設計段階で懸念事項を洗い出し、トラブルの原因となる要因を徹底的につぶしていきます。過去の経験から複合的な要因を持つ難易度の高い課題も最適なアプローチをご提案できます。

生産効率のアップ、省スペース、コストダウンという大命題への挑戦はもちろん、近年の環境ニーズの高まりにお応えするポリカーボネートマガジンスティックのリユースのご提案も行っています。

生産ラインの効率化までを擔う

生産ラインの効率化までを擔う

±0.05mmの超寸法精度。世界で唯一の技術が、最先端のニーズを形に。

超寸法精度を裏付ける設計技術

超寸法精度を裏付ける設計技術

當社は試作品と量産品の精度のバラツキがほぼありません。各ワークの形は大きさや形狀など多種多様ですが、設計から製品化まで、細部に渡り製品開発をスピーディーかつ高精細に実現できる體制を整えているので、サンプルから完成品まで一貫して設計図とのブレのないモノづくりを実現することができます。當社は、営業が設計を兼務する獨自のスタイルが強みです。

高精細が求められる自動車業界などのお客様から「當社でなければ実現できない」と指名でのご相談があるなど長年の実績を評価いただく機會が増えており、とても勵みになります。

新たなマーケットを創造するため、時代を捉えた高精細を追求していく。

マガジンスティックは、あらゆる業界、あらゆる用途、あらゆる環境で使用されていますが、多種多様なニーズがある製品だけに、進化が加速する世の中の動向にアンテナを張り、情報収集を行う努力を日々積み重ねる必要があります。

特に高精細が求められる自動車やスマートフォンの製造現場など弊社のメインクライアントである業界の技術革新は目覚ましく、加速する時代の変化に柔軟に対応していかなければいけません。世の中に眠っている潛在ニーズを先取りした製品開発力を磨くとともに、すでに顕在化している課題をスピーディーに解決し、微力ながら時代を前へ推進する原動力になりたい。

私たちはこれからも新たなマーケットを創造するその最前線で、モノづくりへの挑戦を続けていくつもりです。

新たなマーケットを創造するため、時代を捉えた高精細を追求していく。

PAGE TOP

在夫面前人妻被欺完整版,免费A级毛片在线播放,日本一卡二卡三卡四卡网,chinesemature老熟妇高潮
<var id="txlj7"><strike id="txlj7"><thead id="txlj7"></thead></strike></var>
<cite id="txlj7"></cite>
<var id="txlj7"></var><var id="txlj7"><dl id="txlj7"><listing id="txlj7"></listing></dl></var>
<cite id="txlj7"></cite>
<var id="txlj7"></var>
<ins id="txlj7"><span id="txlj7"><menuitem id="txlj7"></menuitem></span></ins>
<var id="txlj7"><span id="txlj7"><menuitem id="txlj7"></menuitem></span></var>
<var id="txlj7"></var>